デザインの日々変遷

questがデザインの複雑なデザインの話をわかりやすく、より身近にするためのサイト

ピンタレストを使うのと使わないのではどう違うか?デザイン編

 

ピンタレストについて皆さんご存知ですか?

 

インタレストをピンできるから、ピンタレストです。

虫を採集してピンで止めるように、自分のコレクションを作れます。

 

「家に僕の切手コレクションがあるからおいでよ」

とは言えない時代になりましたね。

(この冗談はドイツの義父が良く話していましたので、ちょっと採用)

 

まずはピンタレストに行き、アカウントを作りますと、自分のアドレスを

設定します。questのページはこちら。

https://www.pinterest.jp/questllc0100/

 

1)シークレットボード

デザインで参考事例や、いいなーと思うリノベ例があれば

シークレットで写真を集めます。私たちはお客様と

デジタルコミュニケーションを最大限に使うことで、

無駄な資料を作らないようにしています。そしてデジタルの

いいところは「リアルタイムに」市場の変化をみられるところです。

「こんな家は人気だな」とか「海外の事例」がたくさんありますよね。

それを私たちがお客様の「ことばにならない雰囲気」をヒアリングしまして

こんなんですか?

ピンタレストします。

それをまさか「隣の〇〇さんはこんな風にリノベするんだって!」

では困りますので、シークレットモードにします。

 

2)アルバムや整理された図鑑としての利用

現在私たちのピンタレストは図鑑としての利用をしています。

つまり部屋ごとに、写真を「分けて」置いて、

洗面、風呂、リビング、キッチン

などにしています。

(この分け方がいいかは明日には変わっているかもしれません!)

 

 

3)言語

ピンタレストの対応言語は、日本語、ギリシャ語、英語などたくさんありますので

「こんな画像見たことない!」というものまで出会うことができます。

 

ピンタレストを使った場合:

①お客様も写真をまとめてイメージしやすい

②デジタルなのでどこからでも見られる

③お客様とシークレットで共有できる

④海外事例もある

⑤あなたにおすすめのボードはこれ!とおすすめが自動で出てくる

 

使うときに面倒臭いこと

①間違ったボードに入れて入れ直す頃

②自分で撮影した写真が他のところで営業に使われているとき

(これはお互い様ですが度が過ぎるのは困りますね)

③使っている人といない人がいる

 

でしょうか。

今のところピンタレスト

2012年時点では、83%のユーザーが女性とのこと。

VISUAL CREATUREであることが分かりますね。

あるいは、リノベする人、購買欲が高い人に女性が多いのでしょうか。

 

 

ピンタレストの新しい使い方:

ある店舗、ショップ、ブランドも自分のブランド用のページを持っています。

https://www.pinterest.jp/gap/_shop/

 

では、目を肥やす、ITリテラシーを向上する意味でも

ピンタレストを使えるところは使い、

新しい「イメージ採集」を考えてみるのもいいですね。

 

 

 

図柄のあるタイルにするべきか、あるいはシンプルなタイルにするべきか

 

タイルは最近本当にいろいろ選べるようになりました。

 

名古屋タイルさん

LIXIL

NITTAIさん

そしてオリジナルでタイルを作れる、というところも

出てきました。

 

お子様のいる家庭、今から結婚するので、家を買ってリフォームしたいというとき

一番楽しいのはタイル選びやキッチン周りではないでしょうか?

 

「誰が料理するの?」

「タイルのサイズは?」

「目地の色はどうするの?」

などいろいろ。

 

先日「シンプルなタイルを」とあるタイル会社さんに電話したところ

「実はうちはシンプルなものがあまりなくてユニークなものが多いんです」

という回答が!

 

そうです。タイルと一口に言っても、50角(50X50ミリの意味=5センチ角)

であっても、100角ではないということです。

 

昔は、(と言ってもコロナ前)

いかに、いろいろベタベタ貼って

違う素材を組み合わせてコーディネートして!

部屋ごとに違う!

などがありましたが

弊社のおすすめは

「モジュールが同じ」

「1種類か2種類」

「空間によってサイズを変える」

「ノンスリップの有無も決める」

「派手すぎるものにはしない」

「効果的な場所をタイル貼りにする」

です。

 

もちろん好きな色、ここだけはこれ!ポイントワークでも

いいのですが、

「飽きたらどうする」

「色が反射したらどうする」

「割れたらどうする」

です。

 

DIY(DO IT YOURSELFの意味)と言って、自分で施工する人は

いいですが、ほとんどが工務店さんに頼まれると思います。

 

アウトレットで安いタイルを買う、インターネットで買うなどもできますが

「割れないか?」

「機能性はあるか?」

「どれだけ注文したらいいの?」

「色むらとか返品は?」

という小さな心配も出てきます。

 

ですので「リノベしやすいタイルに元々しておく」というのも良いですし

「モジュールのあるすっきりとしたデザインにする」

「フローリングやカウンタートップに合う」

「掃除しやすい(衛生面)」

「水しぶきはどうなる?」

など、もうちょっと今の時代に触れた視点で、タイル選びをした方が

良いと思います。

 

夏は良いですが、冬は冷たい!とかざらざらしすぎたね!

などもあります。

 

タイルの会社には負けますが、お客様のニーズをお聞きして

テイラーメイドのリフォーム案を一緒に考えております。

それは一人ひとり違うのですが、

やはり

シンプル イズ ベスト

と言えるのではないでしょうか。

 

ちなみにタイル面が多いほど、施工の手間もありますし

タイルを剥がすのか、上貼りするのか、などによってもお費用が

変わりますのでご注意。それは工務店さんとのやりとりになります。

 

では、こんな部屋をこんな風にしたい!

というご相談はいつでもお寄せください。

 

合掌

 

 

インスタ映えのするリノベとは

インスタ映えXリノベーションについて考えてみましょう。

 

 そもそもインスタ映えって何ですか?という方に

 

インスタ映えとは、写真や動画を投稿するSNSInstagram」(インスタグラム)で「映える」ことを指す。

 

です。2017年の流行語対象で、現在が2020年なので少し古いですね!

最近では「Cill」というそうです。チルって「散るですか?」と言いそうになりますが、

COOLの方の意味の英語ですね。

 

これまで、フェイクな世界を作り出す、「映え」の世界は、

発信者にとってはとても満足度の高い物でした。しかしそれもやはり「疲れる」のですね。

YouTubeやインスタ、ツイッター、あるいは「こんなに素敵なのよ!」という家は疲れますよね。

 

現在コロナの影響で、ものすごく高い賃料の物件は、退去が増えたり、

事業でももう家賃が高いからキャンセルしよう、という変化が起きています。

 

その変化は、ある意味、「普通にしていれば何もない」ですが

人生は「アップアンドダウン」ですので、やはりこれからの世界は

「何があってもリモート生活を継続できる家」が

良いのではないでしょうか?

 

 

インスタ映え→映えなくても良い家とは?

①家が映えるのではなく、生活している人が生き生きする家

②観葉植物、ガーデニング、家庭菜園、ルーフトップガーデンなど自然とアウトドアができる家(これも完全自給自足ではなく、ある程度の意味)

③日光に当たれる家

④カビの生えない家

⑤賢い家

⑥防災に強い家(構造がしっかりしている、何かあったときに修理しやすいなど、メタボリズムではないが変化に対応もできる家)

⑦長く住める家

⑧次世代も使える家(リメイクできる)

⑨最終的には、手放せる家

⑩生きているうちは片付けやすい家(収納ができる空間)

そしてコロナ時代は

「リモートオフィスが10平米以上確保できる家」

です。

 

そんな場所が、マンションにありますか???

もしメゾネットにするなら天井高がないとリノベできませんよね。

ましてやマンションは集合住宅ですから、変化しにくいです。

 

これまでは、「なるべくたくさんの居室をいっぱい積んでマンションにして売る」

でしたが、これは結局、街の中の景色を大変「醜い」ものにしています。

誇大広告を見てみて下さい。

そのマンションだけに光が当たって、近所の既存の街並みには何も

フィルターがかけられていません!

 

【自分の家は自分スタイルにする】

身なりを整えるのと一緒で、自分のインテリアや住まいは

自分の生き方やこれからの未来を見据えたものにする

 

【豪華な買い物をしない】

コロナの時には、誰も豪華な買い物をしません。

マンションや住宅も、これからどこまでお金をかけるのか?

ということを「プロに相談するだけでなく、自分で知っておくこと」

が必要になると思います。

 

【不動産業者、仲介業者の営業だけを聞くのではなく、

三者の意見を聞けるように準備する】

お医者様では、セカンドオピニオン(2つ目の意見)

というように、

家づくりや、住まいに関してはサードオピニオン(3つ目の意見)

を聞いてくれる人が必要です。

 

quest合同会社ではファイナンシャルプランナー、不動産の専門家(いろいろな分野の)、そして各士業の皆様とのチームワーク式、プロジェクトの進行が可能です。

 

家づくりの中心は、自分自身です。

そしてそのパートナーが私たちになれますよう、日々の変化に

対応していきたいと思います。

 

インスタ映えのリノベとはいわく

自分が納得して使える汎用度の高い家

リノベをしたときに次のリノベ案を考えておく

コロナ時代には、家は、勉強するば、仕事する場、カフェ、料理を皆でするなど

結構な活動の場になるということを念頭に置いておき、予算組みをする。

安物やお任せで済ませず、サスティナブルな、効率の良い家にする。

 

サスティナブルXユニークの家のご相談は、ドイツ人の建築家のいるquestまでご相談ください。英語、日本語、ドイツ語で対応しております。

 

合掌

 

 

 

一日の疲れを癒す風呂のリノベはどれくらいのコストをかけるべきか

 

こんにちは。

お風呂のリノベで、そろそろ家も古くなってきた、どこに電話して替えてもらったら

いいのという場合、

1)ユニットバスにする

 

2)在来工法にする

 

3)壁は好きなタイルを貼りたい、あるいは杉の木を貼りたいなど

オリジナルユニークにしたい場合は

日比野化学工業さんの製品がおすすめです。

http://hibinokagaku.jp/%E8%A3%BD%E5%93%81/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%B9

 

ユニットバスのコストは、

工務店さんを経由するので、物や在庫によっては安くなる

最新型は高い=快適

一度リノベしたら、10年で替える人もいれば、潰れるまでほとんど替えない人もいる

という背景があります。

 

ユニットバスに70万(製品だけ施工費別)かけたとして、お風呂に入るのはほとんど毎日です。

病気の日は計算から引いてもいいです。

また家族が何人か、追い焚きを何回するか、次世代も使うのかなど

何人が何年使うのかという計算をしてみます。

 

70万円、家族3人の場合

70万(製品)÷10年=年間10万

年間10万

1年間は52週(365日)として

90%稼働して、365日X90%=328.5日

70万÷329日=2127円です。

三人で割ったら、709円!

ーー

とこれは製品代だけの話なので、改修前の撤去費や配管工事や、新規の施工費は

入っておりません。

 

コロナの時代になって、自宅でお風呂を入る人が増えていると思います。

バスクリン、バスソープなどを入れたり、温め直したりして

ヘビーユーズになってきます。

ーー

 

お風呂が壊れても安心して、さっと取り替えたい!

という時は、ハーフユニットバスはお得ですね。

さすがにアマゾンでは届きませんが、メーカーさんから

購入できます。

ーー

【ハーフユニットバスは、扉も選べるし、シャワー栓、水栓も選べるから自分スタイルにできます。】

 

でもどのサイズを買ったらいいの?

どんなタイルにしたらいいの?

かっこいい水栓ってどれがいいの?

 

【タイルも敷けます!】

でも滑らないのはどれ?

掃除しやすいのはどれ?

予算に合うのはどれ?

工務店選びはどうするの?

 

などなど、じゃらじゃらとたくさんのファクターがついてきます。

そんな時は弊社にご連絡いただければ、

設計とお見積もりをお手伝いいいたします。

施工はお近くの工務店にお任せしましょう!

 

ではコストをかけるべきか、については、

「改修する部分をどの範囲までするか」

「いつするか」

「住みながらするか、そうではないか」

「予算枠があるか」

によっても変わってきますので

詳しくはオンラインでもご相談に乗っています。

女性の住宅建築コーディネーターがお答えしますのでご安心ください。

https://www.quest-design.com/get-in-totch

 

 

 

 

 

 

 

無料でできるホームページというのは嘘です。

こんにちは。

 

最近過剰な宣伝が流行っています。

 

無料で使えるアプリ、無料でダウンロード、

無料で制作、無料で設計などなど。

こうして無料サービスが増えると

消費者は安心できません。

 

途中で解約できるのか

キャンセル料はかかるのか

日本のアプリだと思ったら海外のアプリでした

なので連絡できないなどなど。

 

私共questのデザインチームは

ホームページの制作も行っております。

 

WIXというソフトウェアを使います。

これは一般の方でもパソコンが得意な方ならできます。

 

 

無料なのかというと

 

ドメインを取得しなくて、ログイン登録した時のアドレスとWIXが入るアドレスなら無料

 

です。

 

コロナで事業者向けの補助金も出ています。

ホームページの費用は広告宣伝費用として申込むことができます。

 

弊社も見積作成させていただいておりますので

宜しければお気軽にご相談下さい。

 

 

ちなみにお見積は無料です。

制作費用は30万から50万と一般的には言われていますが、どこまで作り込むか、オンラインショップをするか、メンテナンスも毎月お願いしますななどにより価格が変わります。

 

また昨今皆様パソコンがありますので

こだわらないサイトでしたらすぐにできますが

その際

 

あ、写真がない

ロゴがない

キャッチコピーがうかばない

アドビソフトウェアがない

色やレイアウトが苦手

英語も無理

至急ホームページが必要など

 

の要件があると思います。

リノベーションと同じでDIY度によりますので

お客様ができることはして下さい。

自炊度と呼ぶとよいと思いますが

材料があって組むだけだ、という方は

以外と安くできると思います。

 

ただそれが本当に検索にでてくるか

SNSと連携しているか

Googleビジネスも設定できているか

というとものすごく時間がかかると思います。

 

弊社のサービスは無料ではありませんが

こうこうこのようにしてほしい

というご依頼とご予算に合わせてオーダーメイト

WIXサイトを制作します。

 

お客様の事業のコンセプトを

ヒアリングして

サポートいたします。

 

どうぞお気軽にお声がけ下さい。

国内、海外在住の方もご依頼頂けます。

 

忘れていませんか?補助金応募

下記のサイトでは

補助金リストが確認できます。

コロナの影響で保育園を休まねばならなかった

などの様々な補助金がありますので

確認をお忘れなく。

 

https://hojyokin-portal.jp/columns/corona_summary

コンサルティングサービスの開始とお問い合わせを開設しました

皆さまこんにちは。

 

連日暑いさが続きますがお元気でしょうか。

全てのやりとりがオンラインに以降する中、弊社もお問い合わせを

スムーズにするため、フォームを設けました。

 

https://www.quest-design.com/get-in-totch

 

リノベーションのこと、イケアキッチンのこと、

フライヤーやデザイン制作のこと、不動産リノベのこと

など、色々ある中で、ご興味のあるものを

クリックしていただき、ご相談に乗りたいと思います。

メールでのお問い合わせは無料ですのでどうぞ

ご活用ください。

 

ご希望の方には、ZOOMによる1時間コンサルティング(無料)を

行なっております。

では、お盆前、体調を整えて人生のプロジェクトにかかりましょう!

という方をデザインでサポートさせていただきます。

https://www.quest-design.com/get-in-totch